インプラント治療について

歯が抜けたあとは,そのまま放置することにより,かみ合わせがずれたり,歯槽膿漏になりやすくなります。通常,抜けた歯の隣を削ってブリッジにしたり,取り外しのできる入れ歯になりますが,それ以外の方法として,歯科インプラントがあります。

残っている歯牙を削ることなく,欠損部の補綴(ほてつ,人工歯をいれる)ができます。いわゆる歯科インプラントは,人工歯根療法といわれ,失った歯の部分の顎骨に人工の歯根を埋め,その上に人工の歯を接続して,失われたかみ合わせを再構成する方法です。

当院では,歴史が古く,かつ予知性が極めて高い「NobelBiocare インプラントシステム」および「ZIMMER Biomet インプラントシステム」,「ASTRATECH インプラントシステム」,「GC インプラントシステム」を採用しています。本システムは,純チタン製インプラントが,顎骨と直接結合することを利用した方法です。

インプラント手術時,術前検査として,当院にてCBCT撮影(AUGE:ASAHI roentogen ind. co,,ltdSIM-PLANT Pro:Materialize Dental JAPAN)を行い,顎骨・粘膜の状態を精査把握し,治療精度・効果の確実性を増すようにしています。

顎骨の状態により,治療上困難が予想される場合は,Surgicale-Guideを使用します。また術中,術後,インプラントの安定性の評価に,共振周波数解析(RFA)による測定(Osstell)を行い,予後の判定の強化をします。

この治療法は,健康保険適応ではありません。

しかし着脱式の入れ歯に比べて,格段に咀嚼能率がアップし,異物感が少なくなります。